Entry
Entry エントリー
マイナビ
Entry
arrow
リクナビ
Entry
arrow
Internship インターンシップ
インターンシップはこちら
arrow

部署の垣根を
超えたサポートが、
背中を押してくれる。

保険第一部 酒井晃奨
何よりも大切なのは「巻き込み力」

既存のお客様に対する、契約更新やプラスアルファのプラン提案。そして、主に銀行さんからご紹介を受けた新規のお客様へのアプローチ。大きくこの二つが、私たち営業の仕事です。

いずれの場合も、大切なのは「周りの支援」です。特に保険第一部は大企業が主なお客様で、提案する保険は大規模かつ専門的。自分の力だけでは限界がありますから、専門的な知見を持った部署といかに連携するかがカギになります。

お客様のニーズや課題に対して、どのような保険をプランニングすれば喜んでいただけるか。そのために社内にある専門の担当部署や上司をどのようなタイミングで、どのように巻き込んでいくか。自分発信でのプロデュース能力が非常に大事になってきます。

周囲に支えられて、一歩ずつ。

周囲の支援ということに関して、共立は様々な分野の専門家が揃っています。海外の慣習や与信管理に精通している人、化学プラントなど非常に専門的かつ複雑なリスクマネージメントを手掛ける専門家、そのほかにも一般的な保険代理店の枠を超えた多種多様な人材や知見が集まっていて、そういうサポートを受けられることは大きな強みといえます。

入社後数年は、仕事がうまくいかずに悩んだこともありましたが、そこを乗り越えられたのも、やはり周囲のサポートのおかげです。先輩・上司をはじめ多くの方々に支えられ、今の自分があると感じております。新人の指導は時間や労力のかかるものですが、それでも辛抱強くじっくり付き添っていただいたことは、今もありがたいことだと思っています。

支え合う文化の中で、
さらなるチャレンジを。

共立は、一言でいうと「風通しのいい会社」です。部署の垣根を越えて、いろいろな人に相談できる環境が整っていて、それが企業の文化として根付いている。そして、その文化が共立の強みを支えていると感じます。みんなが自分のことを気にかけていてくれて、うまくいった時も困っている時も自然と声をかけてくれたり、本当に風通しがいいですね。周囲の人を巻き込むということに関してはまだまだ学ぶべきことも多いですが、これからは、今まで支えてもらった先輩や上司のような役割を自分が担っていければと思っています。

今後はもっと意識的に新しいチャレンジを求めることで、さらなる成長を目指したいです。

1日のスケジュール 1日のスケジュール

その他の社員インタビュー

エントリーはこちら arrow
インターンシップはこちらarrow