生命保険の総合見直し

生命保険を見直すことは、企業の未来を見直すこと

時が経てば家族環境が変わるように企業を取り巻く環境も変化します。
そのような環境変化の激しい中で、法人契約の生命保険も、一度入ればずっと安心、というわけにはいきません。
共立のエキスパートが、生命保険を活用した企業の中長期的戦略を円滑にサポートします。

ニーズに適合した生命保険を付保していますか?

財務体質強化や相続対策など、万が一の出費の備えなどのために加入する経営者保険や役員・従業員を対象とした法人契約の生命保険。しかし、契約時と環境が変われば、当然、ニーズと合致しない部分も出てきます。

こんな変化があれば、それは見直しのシグナル

見直しのシグナル

そこで大切になってくるのが、生命保険の定期的なメンテナンス。
共立では、将来を見据えたニーズを多角的に分析し、現状とのギャップを改善しながら、ベストな保険の見直しを提案します。

生命保険の総合見直しの流れ

  1. 1.現状確認と新たなニーズの確認
    現状の保険の内容確認、新たな保険ニーズの確認、それを踏まえた上での過去と現在のギャップの確認。
  2. 2.将来に向けての保険プランの再構築
    今後の環境変化、業績の見通しなどを踏まえ、見直しのコンセプトを決定。
  3. 3.適切な保険設計と商品の選定
    新たに必要な保険、不必要な保険を打ち合わせで具体的に決定。複数の保険会社から保険商品を選定。

サービス

  • 共立のサービス
  • 損害保険プログラムの最適化
  • グローバルプログラム
  • 事業継続マネジメント
  • 国際物流のリスクマネジメント
  • メンタルヘルスケア
  • 生命保険の総合見直し
  • 企業のグループ代理店支援

ページの先頭へ戻る