ニュース・パブリシティ

NEWS

救命講習受講優良証、優良マークの交付を受けました。

共立株式会社は、「業務継続計画」(BCP:Business Continuity Plan)の一環として全従業員に対し救命講習の受講を義務付け、
また応急手当普及員を養成し、継続的に救命講習に取組んでおります。
2014年1月29日、東京消防庁より下記の交付要件を満たしている事業所として、救命講習受講優良証、優良マークの交付を受けました。

応急手当奨励制度について

東京消防庁では、救命効果を高めるための方策の一つとして、応急手当普及に対する認識を高めてもらい、事業所や商店街、地域等が、
自らが実効性のある応急救護体制づくりができるよう、救命講習に対する積極的な取組みを奨励しています。
応急手当の普及に関し、下記の交付要件を満たしている事業所等に対して、消防署長が救命講習受講優良証、優良マークを交付します。

交付要件1.
事業所や商店街、地域等で、救命講習の普及を推進する人(応急手当普及員など)が養成され、救命講習の普及に活用されていること。
交付要件2.
交付対象毎に、総数(従業員数等)の30%以上が、有効期限内にある救命講習修了者である。

優良マーク

記事一覧へ戻る

ページの先頭へ戻る